編集プロダクション 雑誌

出版社に企画を売り込む方法

編集者へ出版企画を売り込むには?という方のために出版社に企画の売り込む方法を説明します。

*

出版企画を売り込んだのに、出版社から返事がない場合の対応

   

出版社に本の出版企画書を送付して、1週間以上も連絡が無いようであれば、出版社に電話をしてみてください。

いきなり電話をするのを遠慮したり、気が引ける方もいらっしゃいますが、気にしなくて結構です。

 

編集会議は、出版社にもよりますが、一般的に月に1~2回しか行われませんので、1週間で電話をしても結果が出ていないことの方が多いと思いますが、やはり、電話はするべきだと思います。

企画が届いているかの確認、企画内容の感触や意見、企画や自分のアピールなど、電話で話すことで得られる情報や与えられる情報はあまりに多いです。

 

迷惑なんじゃないか、恐い人だったらどうしよう…など、不安は多いと思いますが、勇気を出して電話をしてください。

もしかしたら、先方も同じように良い企画なので連絡をしようと思っていたのに、電話をすることを躊躇しているかもしれませんよ。

 

最後に、電話をする場合の注意点ですが、絶対に折り返しの電話を要求しないでください。

勝手に送った企画書であって、頼まれて送った企画書を確認してもらうわけではありませんので、あまりに失礼ですから。

 

ちなみに、よく送った企画書はどれぐらい経ったら次の出版社に持ち込んでも良いのかを聞かれるのですが、編集会議のペースを考えれば、1カ月以上連絡が無ければ、ボツだったと考えるのが妥当だと思います。

 - 出版社への売り込み

ad

  関連記事

no image
出版企画書を出版社の編集者にメールで売り込む

出版企画書を出版社の編集者に営業メールで売り込みましょう。 メールは、圧倒的に開 …

no image
売り込み方でわかる、出版が決まる人、決まらない人の違い

企画の売り込みは、出版社に企画を届ければ終了というわけではありません。 出版社に …

no image
出版社に売り込む場合、編集者にブログやメルマガはアピールするべきか

出版をする上で、情報発信をしているかどうかは、とても重要です。 ただ情報発信をし …

no image
出版企画書を出版社の編集者に直接、持ち込む

出版企画書を出版社の編集者に直接、持ち込むのは、出版社に一番嫌われる方法です。 …

no image
出版企画書を出版社の編集者に届ける手法

出版社は、素人が、原稿を売り込むには敷居が高すぎます。 もちろん、いきなり原稿と …

no image
複数の出版社へ同時に出版企画を売り込むことは可能か

基本的には、同時に複数の出版社へ企画を売り込むのは、避けてください。 &nbsp …

no image
出版企画書を出版社の編集者に郵送で売り込む

出版企画書を出版社の編集者に郵送で売り込むのは、ひと昔は王道でした。 今ではメー …

no image
出版企画書を出版社に売り込む前に注意すること

出版企画書が完成したら、今度は出版社にその出版企画書を売り込むことになります。 …