編集プロダクション 雑誌

出版社に企画を売り込む方法

編集者へ出版企画を売り込むには?という方のために出版社に企画の売り込む方法を説明します。

*

出版社に売り込む場合、編集者にブログやメルマガはアピールするべきか

   

出版をする上で、情報発信をしているかどうかは、とても重要です。

ただ情報発信をしているだけではなく、そこにファンがついているのなら、なおさらです。

 

ファンがついているかどうかの目安は、ブログであればユニークアクセスが1日1000、メルマガであれば読者が1万人以上です。

 

また、各ネット媒体は、ブログであれば企画の関連キーワードによるSEO、メルマガであれば読者数ランキング(カテゴリー別でOK)で露出してください。

ブログランキングは、出版業界の人間は、あまり見ないので、意味が無いです。

 

これらのネット媒体は、そのまま書籍化することはほとんどありませんが、文章力や著者の姿勢などはチェックされます。

 

また、しっかり更新していることも重要なので、1カ月以上更新しないというような事態は避けるようにしてください。

 

自身のネット媒体が、ここに書いた条件をクリアしているのであれば、それはアドバンテージになりますので、どんどんアピールしてください。

クリアしていないのであれば、無かったものとした方がよいと思います。

 - 出版社への売り込み

ad

  関連記事

no image
出版企画書を出版社の編集者に届ける手法

出版社は、素人が、原稿を売り込むには敷居が高すぎます。 もちろん、いきなり原稿と …

no image
出版企画書を出版社の編集者に直接、持ち込む

出版企画書を出版社の編集者に直接、持ち込むのは、出版社に一番嫌われる方法です。 …

no image
出版企画書を出版社の編集者に郵送で売り込む

出版企画書を出版社の編集者に郵送で売り込むのは、ひと昔は王道でした。 今ではメー …

no image
出版企画書を出版社の編集者にメールで売り込む

出版企画書を出版社の編集者に営業メールで売り込みましょう。 メールは、圧倒的に開 …

no image
出版企画書を出版社に売り込む前に注意すること

出版企画書が完成したら、今度は出版社にその出版企画書を売り込むことになります。 …

no image
売り込み方でわかる、出版が決まる人、決まらない人の違い

企画の売り込みは、出版社に企画を届ければ終了というわけではありません。 出版社に …

no image
複数の出版社へ同時に出版企画を売り込むことは可能か

基本的には、同時に複数の出版社へ企画を売り込むのは、避けてください。 &nbsp …

no image
出版企画を売り込んだのに、出版社から返事がない場合の対応

出版社に本の出版企画書を送付して、1週間以上も連絡が無いようであれば、出版社に電 …